• manma naturals

コロナ禍に揺れる「言論の自由」と「フェイクニュース」

毎日まいにち、どちらを向いても新型コロナウィルス関連の情報で溢れかえっています。そんななか、どの情報が真実でどんな情報がデマなのか、判断に迷ったことはありませんか?

特にインターネット上では日々膨大な情報がアップされ

「日本人はBCGの予防接種をしているから発症しにくい」というものから

「コロナ禍は、巨大製薬会社の陰謀だ」

「コロナで世界経済は破綻する」

さらには「新型コロナウィルスは、本当は存在しない」

といったものまで、さまざまです。

フェイクっぽいものもあり、なかには信じたくないような情報もたくさんありますよね。でも、フェイクニュースとされているものの中にも真実の情報が紛れていて、例えば誰かにとって「不都合な真実」を、フェイクニュースだとして葬り去ってしまう、そんなケースもあると言われています。

今回の新型コロナの情報に対して、動画サイトのYouTubeは「WHOのガイドラインに沿わない動画を削除する」と公式に発表していますし、米Facebookでも「国際的な保健機関や地元の衛生当局が警告を与えているような陰謀説が含まれている場合は削除する」としています。実際に「デモの呼びかけ」や「コロナ禍を利用して政府が個人情報を収集しようとしている」といった主張の動画などが次々と削除されています。

しかし、本当にWHOやFacebook, YouTubeなどの判断基準が正しいのでしょうか?

政府やマスメディアが流している情報は100%信用できるのでしょうか?

強大な権力を持つ彼らの主張と違うからと言って、情報が簡単に削除されてしまうのは、「言論の自由」と言えるのでしょうか?

後になって、削除された情報こそが正しかったという可能性だってあります。

そして情報を削除できるのは私たち民衆ではなく、特定の権力を持つ人たちです。

私たちは自由民主主義の世界を当たり前のように生きてきました。しかし「言論の自由」がなければ民主主義は成り立ちません。

誰も何にも異議を唱えることができないのですから。

世の中が大きく変わろうとしている今こそ、「だれもが自由で自分らしく生きられる幸福な未来」を守るため、様々な情報にきちんと向き合い、行動する時ではないでしょうか?