• manma naturals

知っておきたい食の世界経済:映画「ありあまるごちそう」

美食には事欠かない日本。

おいしいものを食べて、「日本人で良かったー!」と思うこともしばしば。

しかしその裏で、日本はヨーロッパやアメリカと同様、世界トップクラスの食品の廃棄大国。食料の4分の1を捨てています。

そしてその陰では、世界の9人に1人が飢えに苦しんでいます。


この矛盾はどうして起こってしまうのでしょうか?

「ありあまるごちそう」は、その世界の食のカラクリに迫るドキュメンタリー。


国連で活躍する飢餓問題の第一人者ジャン・ジグレール教授のお話に、切実なリアリティーがあります。

最前線で働く農家、漁師、家畜業者、そしてそこで扱われる生き物たちに、同情して泣きそうになります。

そして、世界最大の食品会社「ネスレ」の存在と目的にゾッとします。

確かに見て楽しい映画ではありません。

でも知らなくて良かった、とは思わないかもしれません。


世界経済が変わろうとしている今だからこそ、これまでのやり方を知って、見直してみる良い機会ではないでしょうか?

このピンチをチャンスに変えて、みんなで知恵を絞って、より良いシステムが作れたら素晴らしいですよね。