• manma naturals

家の中をデトックス

オーガニック野菜や自然食品など、食の安全・安心に気をつかう方が増えています。とても素晴らしいことですが、さらにもう一歩、暮らしの安全・安心にも目を向けてみませんか。


私たちの身の回りは、実は人工的に合成された大量の化学物質があふれています。家庭でよく使われる防虫剤や食器用洗剤、その他家具や家電に使われている接着剤や壁紙などの建材も化学物質からつくられています。


これらのすべてを家から追い出せれば安心なのですが、それにはかなりの覚悟が必要。なので、まずは手近なものから始めてみるのが良さそうです。


最近、強い香りが「香害」として話題になっている柔軟剤や、消臭スプレー、ルームフレグランス、シャンプー・リンスにも化学物質の一つ「合成香料」が使われています。合成香料は毒性が強いものが多く、頭痛やめまい、倦怠感、ひどい場合は化学物質過敏症を引き起こすこともあるので要注意です。


なので合成香料を使った製品を家の中で見つけたら、天然香料や無香料の製品に変えていくと安心です。香料が合成か天然かの見分け方は、意外とカンタン。製品の裏についている表示ラベルやパッケージに「天然香料使用」と書いてあれば大丈夫。ただ「天然香料配合」という表記の場合は、合成香料も混ざっているかもしれませんのでよく見てくださいね。最近は健康を気づかった製品が増えていますので、ドラッグストアやスーパーでも、意外と簡単に見つかると思います。


自分や大切な家族のために、家の中をデトックス。できることから少しずつはじめて「ケミカルフリー」な暮らしを目指してみませんか。



<家の中にある代表的な化学物質>

1、合成香料(柔軟剤・シャンプー・ルームフレグランスなど)

2、防虫・殺菌剤(衣類の防虫・シロアリ駆除など)

3、新しい電化製品・家具(パソコン・電気ヒーター・ソファー・ベッドなど)

4、灯油・ガスストーブ

5、建材(壁紙・床材など)



これからも、家の中にある化学物質への向き合い方や、簡単にできる対処法など、身近で役立つコラムをお届けしていきます。