top of page

「乳製品断ち3週間」で体調リセット

年末年始はついつい、ごちそうの食べ過ぎやお酒の飲み過ぎに陥りがち。胃腸が疲れた、体調が良くないと感じる方は、思い切って3週間の“乳製品断ち”を試してみてはいかがでしょう?


乳製品といえば健康的なイメージがありますが、実は日本人の80%は乳製品に含まれる乳糖(ラクトース)をうまく消化できないという研究データがあるうえ、乳製品のたんぱく質であるカゼインも分解されにくく、下痢や便秘、頭痛、アレルギーなど様々な体調不良の原因になっています。


とはいえ、慣れ親しんだ乳製品を断つのは大変そうだと感じる方も多いはず。そこで、マンマナチュラルズでも実践している“無理せず簡単に、美味しく乳製品断ちをする方法”をご紹介します。



どんな乳製品を避けるべき? 

牛乳をはじめ、バターやチーズ、生クリーム、ヨーグルトなど、一度すべての乳製品を絶ってみるのがおススメです。腸活などで健康的なイメージのあるヨーグルトにさえ、乳糖やカゼインが含まれています。

なぜ3週間?

乳製品によってつくられた抗体は、約3週間で体内から消えていくといわれています。なのでまずは3週間、乳製品を断ってみることで、胃腸の具合が整うほか、肌の調子が良くなる、頭痛がおさまる、ちくのうやアトピーが軽くなる、体臭が減る、気分が安定するなどの変化が期待できます。

楽しく、美味しく、乳製品を断つには

無理なく乳製品断ちをするコツは、 “代替品”を取り入れること乳製品の代わりに美味しく取り入れられる食品は、意外とたくさんあるものです。その一部をご紹介しましょう。

◆牛乳の代替食品


豆乳

女性に嬉しいイソフラボンも取れて一石二鳥。ホワイトソースにすると、牛乳よりもさっぱりと食べやすい味になるので、こってりしたものが苦手な人にもよさそうです。

ココナッツミルク

ココナッツの果肉を絞って作られるミルク。ほんのりと自然な甘みがあり、そのまま飲むほか、料理やお菓子に使っても美味しく仕上がります。コレステロールを含まないうえ、ミネラルが豊富なので、とても健康的。


アーモンドミルク

さらりとした口当たりで、ほんのりとアーモンドの香りがします。お肌の健康を整えるビタミンEが豊富なのも魅力。濃く淹れたコーヒーに入れると、アーモンドオレ風に。


オーツミルク

オーツ麦を原料とするミルクで、クリーミーな口当たりが特徴。豆乳よりクセが少なく、比較的牛乳に近い味わいです。


◆バターの代替食品


ナッツバター

ナッツ(木の実)をすり潰したペースト。トーストやパンケーキに塗って食べると絶品です。栄養豊富で、濃厚な味わいが魅力で、アーモンドバター、カシューナッツバターが人気。ナッツには食物繊維やビタミン、葉酸、亜鉛、マグネシウムといったミネラルも豊富に含まれているので、健康と美容が気になる方にもぴったり。木の実ではなく、マメ科の植物である落花生で作ったピーナッツバターも、バター代わりに愛されています。

ココナッツオイル

ココナッツの果肉から作られたオイルで、バターの代用品としてお菓子作りに最適です。なたね油などの植物油では硬くなってしまうクッキーも、軽くサクサクの仕上がりに。そのうえ中鎖脂肪酸やビタミンが多く含まれているので、とてもヘルシーです。


◆その他乳製品の代替食品


ヨーグルトの代替品には、豆乳ヨーグルトやオーツミルクから作られたヨーグルトがあり、スーパーなどでも簡単に買えます。それぞれの美味しさがあり、お好みのものを探してみてくださいね。このほかチーズの代わりに使えるソイチーズや、生クリームの代替品となるココナッツクリームは、オーガニックショップやネットショップなどで手に入ります。


また代替品を利用するだけでなく、おやつを洋菓子から和菓子にしたり、食事を洋食から和食やアジア料理に変えたりすると、自然と乳製品を避けられます。



まずは3週間続けてみて、体に合うようなら続けるもよし、乳製品を摂る生活に戻るもよし。また普段は乳製品を減らしながらも、時にはミルクたっぷりのカフェオレや生クリームのケーキを楽しむなど、乳製品フレキシタリアン(※)もおススメです。いろいろ試してみて、自分に合う無理のない方法を見つけてくださいね。


そのお手伝いができればと、マンマナチュラルズでは粉末で使いやすい“ココナッツミルクパウダー”とアーモンドミルクを作れる”生アーモンド”の販売を始めました。美味しく簡単な乳製品断ちのおともとして、また毎日の健康のために、ぜひお役立てください。

※関連コラム「フレキシタリアンで、ゆるーくベジライフ



閲覧数:128回

関連記事

すべて表示